10月 21st, 2014

いろんなテイストの作品が楽しめる大人な1冊

ここ最近、秋も深まってきたと言うことで昨年から眠っていた読書熱にまた目覚めてきた感じで、友人などにおすすめの小説や文庫を聞いては、ひたすら気になる作品を探しては読むといった日々を過ごしています。(だからか最近少し寝不足です。。笑)

小説や漫画などあまりジャンルにこだわらずといった感じで探しているのですが、結構読んだことのない面白そうな作品というのは古い作品と言えどあるものですね。
そしてそういった作品を見つけると、なんともいえない満足感があるのも本の良さではないかと最近は思っています。
そんな中、先日読んだ書籍をご紹介しますね。

「ワン ファイン デイ」
以前、「孤独のグルメ」というドラマにとてもはまっていて、欠かさずチェックしていたのですが、その原作者の方が書かれているということを耳にして、とても興味が湧いてきたのです。
私は何かの作品が気に入ると、とりあえずその作者が書いているものは色々読んでみたいと思うタイプなのですが、ずばり、これは当たりだったと思っています。
なんというか、短編集なのでいろんなテイストの作品が楽しめるというところも魅力ですし、クールな中にもじんわりとした哀愁のようなものが漂うところもあり、漫画ではありますがちょっと大人向けの1冊に仕上がっています。

ちなみに今日紹介した「ワン ファイン デイ」はゴマブックスポータル」でみつけました。
「私も孤高のグルメにはまった!」と言う方は是非一度ご覧ください!!

admin ライフ No Comments »