4月 21st, 2016

東京の料亭ならつきじ治作。

「東京の老舗料亭で最高級のお料理に舌鼓を打ってみたい!」
そんな願いをかなえてくれるのが、『つきじ治作』です。

まずは→こちらの公式ホームページをご覧ください。
80年以上の歴史があるつきじ治作では、いただけるのは日本料理のみ。
料理長が自ら腕を振るうお料理の数々を構成する食材。
日本で取れるさまざまな魚介類や肉類、野菜を使用しています。
つきじ治作だからこそ味わうことができるお料理ばかりです。
毎月コース料理のメニューが変わっていることも、その季節ならではのお食事ができるということのあらわれでしょう。
コースは
・23000円
・25000円
・旬の一品
の3つからお選びいただけ、それぞれ味覚だけでなく視覚や嗅覚でもお料理を楽しむことができるはず!

ちなみにつきじ治作では結納、婚礼の場面でも利用することができます。
特に今は芸能人の影響もあって和の結婚式の人気が非常に高いですので、つきじ治作を選ぶという若い方も増えてきているそう。
ブライダルフェアなども頻繁に開催されているようなので、ご興味のある方はカップルで足を運んでみてはいかがでしょうか。

食べログサイトなどでも評価が高いつきじ治作、ぜひ大事な人と、大事な記念日に行ってみてください。

admin レストラン No Comments »

10月 4th, 2014

相続の基本的な流れ。

「相続」の流れについてわかりやすく説明していきたいと思います。

相続は、被相続人が死亡した、もしくは失踪届が提出されたところから開始されます。

このとき、必ず遺言書の有無を確認しましょう。

被相続人が生前に残した医師の表れであると言えますので、確認が必要になります。

遺言書の有無で、相続人および相続分が変わります。

遺言書があった場合は遺言書に書かれている人が相続人となります。

遺言書がなかった場合は法定相続人(配偶者、実子、養子、内縁の妻、愛人の子、孫など)が相続人となります。

その後、相続遺産の目録を作成します。

この際、預貯金、不動産だけでなく負債(借金など)も含まれますので注意が必要です。

そして、遺産分割のための協議に入ります。

遺産分割協議には、相続人が全員集まっての話し合いが前提となります。

合意に至れば民法に沿った遺産分割が行われ、相続税の計算後、相続税の申告と納付手続きによって終了です。

合意に至らなかった場合は遺産分割の前に家庭裁判所にて調停や審判が行われ、そこで解決されます。

相続人が一人でも協議に同意できない場合であっても調停や審判をすることになります。

調停では相続人が会した場所で調停委員が意見や主張を聞き、合意を進めていきます。

審判では相続人どうしの話し合いは行われず、家庭裁判所にジャッジをゆだねることになります。

admin 法律関係 No Comments »