11月 22nd, 2014

【業務効率化】電報業者が取り扱っている供花サービスとは?

電報サービスを提供している専門業者では、民間企業が本格参入できるようになってから、そのサービスの幅も一気に広がりました。競争相手が増えるわけですから、当然の結果だと言えるでしょう。よって法人企業が電報業者を利用する時には「費用」「提供サービス(機能)」「電報の内容」といった3点を重視したほうが良いです。

例えば費用に関してですが、【VERY CARD】ならば法人割引が適用されます。個人で申し込みをおこなう時と比べて、費用を半額以下に抑えられます。法人企業は1年間を通して電報を利用する機会も高いわけですから、経費削減の一環として費用面を見直すべきでしょう。

また供花を手配してくれるため、無駄な手間をかける必要がありません。従来は電報・花屋・斎場と全てを分けて取引しなければいけませんでしたよね。煩わしさを解消できますので、供花との同時サービスに興味があればVERY CARD(http://www.keicho.net/flower/stand_flower.html)の公式サイト上より内容を確認してみてください。

いくつかの作業を1つにまとめられるため、経理処理の効率化を図れるでしょう。実際に取り扱っている供花商品の写真も掲載されています。お値段も含めて参考に。疑問や質問があれば、問い合わせ窓口を利用してみましょう。時間内であれば、土日祝日にも担当オペレーターが相談にのってくれますよ。まずは現在利用している電報業者との比較・検討から始めてみるといいでしょう。

admin サービス No Comments »

10月 21st, 2014

いろんなテイストの作品が楽しめる大人な1冊

ここ最近、秋も深まってきたと言うことで昨年から眠っていた読書熱にまた目覚めてきた感じで、友人などにおすすめの小説や文庫を聞いては、ひたすら気になる作品を探しては読むといった日々を過ごしています。(だからか最近少し寝不足です。。笑)

小説や漫画などあまりジャンルにこだわらずといった感じで探しているのですが、結構読んだことのない面白そうな作品というのは古い作品と言えどあるものですね。
そしてそういった作品を見つけると、なんともいえない満足感があるのも本の良さではないかと最近は思っています。
そんな中、先日読んだ書籍をご紹介しますね。

「ワン ファイン デイ」
以前、「孤独のグルメ」というドラマにとてもはまっていて、欠かさずチェックしていたのですが、その原作者の方が書かれているということを耳にして、とても興味が湧いてきたのです。
私は何かの作品が気に入ると、とりあえずその作者が書いているものは色々読んでみたいと思うタイプなのですが、ずばり、これは当たりだったと思っています。
なんというか、短編集なのでいろんなテイストの作品が楽しめるというところも魅力ですし、クールな中にもじんわりとした哀愁のようなものが漂うところもあり、漫画ではありますがちょっと大人向けの1冊に仕上がっています。

ちなみに今日紹介した「ワン ファイン デイ」はゴマブックスポータル」でみつけました。
「私も孤高のグルメにはまった!」と言う方は是非一度ご覧ください!!

admin ライフ No Comments »

10月 4th, 2014

相続の基本的な流れ。

「相続」の流れについてわかりやすく説明していきたいと思います。

相続は、被相続人が死亡した、もしくは失踪届が提出されたところから開始されます。

このとき、必ず遺言書の有無を確認しましょう。

被相続人が生前に残した医師の表れであると言えますので、確認が必要になります。

遺言書の有無で、相続人および相続分が変わります。

遺言書があった場合は遺言書に書かれている人が相続人となります。

遺言書がなかった場合は法定相続人(配偶者、実子、養子、内縁の妻、愛人の子、孫など)が相続人となります。

その後、相続遺産の目録を作成します。

この際、預貯金、不動産だけでなく負債(借金など)も含まれますので注意が必要です。

そして、遺産分割のための協議に入ります。

遺産分割協議には、相続人が全員集まっての話し合いが前提となります。

合意に至れば民法に沿った遺産分割が行われ、相続税の計算後、相続税の申告と納付手続きによって終了です。

合意に至らなかった場合は遺産分割の前に家庭裁判所にて調停や審判が行われ、そこで解決されます。

相続人が一人でも協議に同意できない場合であっても調停や審判をすることになります。

調停では相続人が会した場所で調停委員が意見や主張を聞き、合意を進めていきます。

審判では相続人どうしの話し合いは行われず、家庭裁判所にジャッジをゆだねることになります。

admin 法律関係 No Comments »